たるみ治療などの顔の整形なら東京のさやか美容クリニック・町田へ

悩み別メニュー(美容皮膚科)
たるみ

一般的にたるみは20代後半頃から徐々に現れてくるものです。加齢によって少しずつ肌の弾力がなくなり、次第に目尻、まぶた、頬、フェイスラインが緩んで下がってきます。

たるみの原因

原因1. 皮膚の弾力低下
皮膚は水分・コラーゲンなどの成分を保つことによって、弾力を保っています。加齢・紫外線・ストレス・不規則な生活などの影響で、皮膚の水分やコラーゲンなどの含有量が減少します。水分やコラーゲンの含有量が減少した皮膚は弾力を失います。弾力を失った皮膚は、軟部組織を保持することができなくなり、たるみが発生します。

原因2. 筋肉の衰え
顔の表情筋は、手足の筋肉とは異なり、骨ではなく直接皮膚についています。この表情筋が動くことによって、様々な表情を作ることができます。年齢を重ねると、筋肉の水分が低下し、弾力が失われます。重力に逆らう力が弱くなり、たるみの原因となります。
原因3. 皮下脂肪の萎縮
年を重ねると、皮下脂肪の水分量が減り、弾力が失われます。筋肉と同様に重力に逆らう力が弱くなり、たるみの原因となります。

たるみ治療の症例写真

  • 施術前
    施術前
    年齢を重ねてくると頬がたるんできて、マリオネットラインが目立つようになります。放置していると、いわゆる「ブルドック顔」になってしまいます。 リフト治療をするのが一番なのですが、患者様が注入による治療を希望されたので、ヒアルロン酸注入で治療を行いました。
    施術後
    施術後
    マリオネットラインが目立たなくなり、リフトアップしたような印象になりました。 ヒアルロン酸注入でも、うまく注入すればリフトアップと同等の効果を出すことができます。  注入には、コツがあります。 このコツを理解しているDrが少ないようです。
  • 施術前
    施術前
    フェイスライン~アゴのタルミが目立ちます。 手術は怖いので、手術以外の方法でタルミを改善したいとのことです。 そういった方にお勧めなのが、リファームです。りファームSTは、高周波を肌に与えることにより、組織を引き締めリフトアップ効果をもたらします。
    施術後
    施術後
    フェイスライン~アゴのタルミが改善し、シャープな顔立ちになりました。

たるみ治療のその他の症例写真はこちら

料金はこちら

悩み別(美容皮膚科)
悩み別(美容外科)
オススメの
  • 極上のアンチエイジングナチュラルPRP皮膚再生療法
  • シミ・肝斑を治すレーザートーニング
  • 切らないたるみ治療ウルトラVリフト
  • 驚異のセルライト除去マシーン セルライトスリム
  • モニター募集
  • 採用情報

pagetop

さやか美容クリニック・町田
〒194-0013
東京都町田市原町田4-1-10 フジモトビル5F
電話 042-709-0145
最寄駅 JR横浜線、小田急線 町田駅徒歩5分

地図