目の下の脂肪取り(経結膜下脱脂法)|美容外科、美容皮膚科、アンチエイジングなら町田駅すぐのさやか美容クリニック・町田

悩み別メニュー(美容外科)
目の下の脂肪取り(経結膜下脱脂法)

経結膜下脱脂法は、皮膚に傷が全く残らず、腫れも少なく、回復が早いのが特徴です。「手術翌日から元の生活に戻りたい」など、時間のない方にもおすすめの施術です。

経結膜下脱脂法とは?

年を重ねるにつれて目の下の膨らみ・クマが目立ってきます。その原因は、眼窩脂肪という脂肪です。眼窩脂肪は、眼球の周りを取り囲んでいる脂肪のことです。外傷などから眼球を守るクッションのような働きがあります。 年を取ると、この眼科脂肪を支える組織が徐々に弱くなります。その結果、眼窩脂肪が下に落ち込んで、目の下の膨らみ・クマとなって現れます。膨らみが強くなると、「目袋」という状態になります。目の下の膨らみ・クマは、「老けた」、「疲れた」など印象を与える要因ともなります。中年以降の方であれば、高率に目の下の膨らみ・クマを認めます。 

こんな方にお勧め
  • 電車の窓に写っている顔を見ると、クマがひどい
  • 「疲れている」とよく言われる
  • 最近急に老けてきた
  • 目の下の膨らみ・クマが気になる

など

経結膜下脱脂法の治療法

目の下の膨らみ・クマを治療する方法として、経結膜下脂肪摘除術という方法があります。経結膜下脱脂法は、下瞼の裏からアプローチし脂肪を除去する方法です。下まぶたの裏からアプローチすることにより、皮膚に傷が全く残らず、腫れも少なく、回復が早いのが特徴です。「手術翌日から元の生活に戻りたい」など、時間のない方にもおすすめの施術です。
目の下の膨らみ・クマが改善されれば、若々しく明るい目元になります。経結膜下脱脂法とナチュラルPRP皮膚再生療法を組み合わせて行うと、さらに仕上がりが綺麗になります。

経結膜下脱脂法の流れ

STEP1

脂肪が突出している部分をマーキングします。

STEP2

下マブタの裏側に局所麻酔をします。

STEP3

結膜の部分を5~6ミリほど切開します。

STEP4

切開した部分より押し出されてくる脂肪を除去し、目の下の形を整えます。

STEP5

最後に止血をし終了です。

施術の特徴
施術時間 40分
麻酔方法 点眼麻酔・局所麻酔。希望により静脈麻酔を併用します。
ダウンタイム おおむね数日間、泣いた程度の腫れがあります。手術翌日よりメイクできます。手術翌日から、元の日常生活も戻れます。
施術後の診察 7日目に検診に来ていただきます。

経結膜下脱脂法のよくある質問

目の下に傷が残りますか?
目の下のまぶたの裏側から手術を行いますので、傷は全く残りません。
抜糸は必要ですか?
下まぶたの裏の粘膜は、縫合しなくてもキレイに治ります。そのため抜糸の必要はありません。
効果は永久ですか?
年を取るにつれて、目の奥から脂肪が落ちてくることがあります。これは加齢を止めることはできないので、仕方がありません。

料金はこちら

悩み別(美容皮膚科)
悩み別(美容外科)
オススメの
  • 極上のアンチエイジングナチュラルPRP皮膚再生療法
  • シミ・肝斑を治すレーザートーニング
  • 切らないたるみ治療ウルトラVリフト
  • 驚異のセルライト除去マシーン セルライトスリム
  • モニター募集
  • 採用情報

pagetop

さやか美容クリニック・町田
〒194-0013
東京都町田市原町田4-1-10 フジモトビル5F
電話 042-709-0145
最寄駅 JR横浜線、小田急線 町田駅徒歩5分

地図