眼瞼下垂(切開法)|美容外科、美容皮膚科、アンチエイジングなら町田駅すぐのさやか美容クリニック・町田

悩み別メニュー(美容外科)
眼瞼下垂(切開法)

二重ラインに沿って皮膚を切開し、眼瞼挙筋を直接見ながら、眼瞼挙筋の力がまぶたに伝わるように調節する方法です。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができるので、若々しい目力のある目元に形成する事ができます。

眼瞼下垂(切開法)とは?

眼瞼下垂は、上まぶたを上手く挙上することができなくなる疾病の1つです。上まぶたが黒目を覆い、視野障害を引き起こします。初期の段階では自覚症状はなく、無意識のうちに眉毛を挙上して上まぶたを持ち上げ、視野を確保します。次第に額のシワ・眼精疲労・頭痛・肩こりなどの症状をきたすようになります。重症化すると距離感がつかめなくなり、転倒や事故を引き起こしたりします。 原因としては、加齢・コンタクトレンズ・眼筋疾患などがあります。

眼瞼下垂(切開法)

眼瞼下垂(切開法)の治療法

目には眼瞼挙筋といって、目を開く作用のある筋肉があります。この眼瞼挙筋の力が上手く上まぶたに伝わるようにする事で、眼瞼下垂を治療する事ができます。方法としては、埋没法と切開法の2種類の方法があります。
切開法は、二重ラインに沿って皮膚を切開し、眼瞼挙筋を直接見ながら、眼瞼挙筋の力がまぶたに伝わるように調節する方法です。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができるので、若々しい目力のある目元に形成する事ができます。

眼瞼下垂(切開法)の流れ

STEP1

二重のラインと、まぶたを持ち上げたい位置をマーキンキング。

STEP2

局所麻酔します。希望があれば、静脈麻酔を併用することもできます。

STEP3

二重のラインに沿って切開します。
(この時、余分なたるみや脂肪を除去することもできます)

STEP4

極細の糸を使用して、眼瞼挙筋と瞼板を補強し、眼瞼挙筋の力が伝わるようにします。目の開き具合、左右のバランスを調節します。

STEP5

最後に皮膚を縫合して終了です。

施術の特徴
施術時間 60分
麻酔方法 点眼麻酔・局所麻酔。希望により静脈麻酔を併用します。
ダウンタイム 1週間ほど腫れがあります。抜糸翌日よりメイクできます。
施術後の診察 7日目に抜糸に来ていただきます。

眼瞼下垂(切開法)のよくある質問

痛いですか?
麻酔をすれば、手術中の痛みは全くありません。 ご希望があれば、静脈麻酔を使用することもできます。静脈麻酔をすれば、眠った状態で手術できるので、すごく楽だと思います。
腫れは、どのくらいですか?
術後の腫れは、1週間程度です。抜糸のときには、ほとんど腫れはなくなっている方がほとんどです。
メイクはいつからできますか?
抜糸の翌日からメイク可能です。

料金はこちら

悩み別(美容皮膚科)
悩み別(美容外科)
オススメの
  • 極上のアンチエイジングナチュラルPRP皮膚再生療法
  • シミ・肝斑を治すレーザートーニング
  • 切らないたるみ治療ウルトラVリフト
  • 驚異のセルライト除去マシーン セルライトスリム
  • モニター募集
  • 採用情報

pagetop

さやか美容クリニック・町田
〒194-0013
東京都町田市原町田4-1-10 フジモトビル5F
電話 042-709-0145
最寄駅 JR横浜線、小田急線 町田駅徒歩5分

地図